節分祭

2月3日 豆まき 午前11時/午後 2時
島根県の因原地方の鬼の舞が奉納されたのち、
今年還暦の年男・年女が特設舞台より福豆、福餅をまきます。

節分の豆知識

節分は「季節の分かれ目」という意味で、二十四節気の「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日をいいます。特に、江戸時代以降は「立春」の前日を節分として、様々な行事を行うようになりました。
節分の「豆まき」は「追儺(ついな)」と呼ばれ元々は大陸から伝わった風習です。「追儺」の行事は、俗に「鬼やらい」や「厄落とし」等と呼ばれ、役病等をもたらす悪い鬼(悪霊)を追い払う儀式で、文武天皇 慶雲三年に宮中で行われたのが始まりと伝えられています。
Next

「鬼の舞」の御奉納

島根県因原神楽団による「鬼の舞」、三人の鬼たちが現れ、静かに舞が披露されます。「鬼は外、福は内」の掛け声と共に福豆と福餅を撒き、暴れる鬼たちをどんどん回廊の端へと追いやっていきます。

Next

写真

多賀大社 節分祭の写真です。

お問い合わせ

多賀観光案内所
住所: 滋賀県犬上郡多賀町多賀389-1
電話: 0749-48-1553
ホームページ:http://taga-kankou.com/
メールアドレス: taga-kankou@iris.eonet.ne.jp

写真